Home > Archives > 2019-09

2019-09

clangでwindowsアプリケーションのコンパイル

プレビルドバイナリはLLVMのサイト

clang-clでmsvc互換のオプションを使える。

clang-cl /I ..

参考:Clang Compiler User’s Manual clang-cl

msvcで作られたPEバイナリ形式のライブラリも変換せずに使える。

/link user32.lib

Xorgのキーボードの設定が通らないとき

一時的に:
$ setxkbmap -model jp106 -layout jp

※参考:Xのキーボード設定 – Akionux-wiki

または、IMがXのキーボードの設定をオーバーライドしてるときがあるので、IMにそういった仕様がないか、または設定ファイルに記述がないかを確認。
ex. Fcitx: ~/.config/fcitx/conf/fcitx-xkb.config

[X Keyboard]
# Allow to Override System XKB Settings
# Available Value:
# True False
OverrideSystemXKBSettings=False # default : True

FreeBSD Release12をMacBook Pro (Mid 2014, 13 inch)にインストール

インストール

  • ブートローダーはEfi Bootを選ぶ。
  • インストーラーのOPTIONでSafe ModeをONにする。

キーボード(日本語配列)

  • インストールのときに日本語レイアウトに設定してそのまま使える。
  • メディアキー・バックライトはまだ使ってない。

タッチパッド

X-Window

  • ディスプレイドライバーはデフォルトならscfbが映る。
  • drm-kmodパッケージを入れて/etc/rc.confに「kld_list="/boot/modules/i915kms.ko"」としてると、intelドライバーが使える。 →参考:Graphics - FreeBSD Wiki
  • Retinaのフル解像度で文字と絵が小さいときは、xrandrでスケーリング。
  • キーボードは日本語レイアウトで特に問題ない。
  • マウスはmutouchにするとタッチパッドで右クリックやスクロールが使える。

ビデオのその他

    • i915kmsを入れるとHDMI外部出力を認識する?
      HDMI-2 connected (normal left inverted right x axis y axis)

  • 出力デバイスの切り替え
    • 内蔵スピーカー:sysctl hw.snd.default_unit=1(音が出ない)
    • イヤホン:sysctl hw.snd.default_unit=2

ネットワーク

電源とBattery

仮想化

  • macosを一度ブートしてからFreeBSDをリブートするか、rEFIndの”enable_and_lock_vmx=TRUE”、”spoof_osx_version=10.9″の設定でインストール。
    • bhyveで物理ディスクにインストールしたWindows 8.1が動くのを確認。

Thunderbolt2

  • ブート前からケーブルを繋いでいてドライバーがあれば動く。 →参考:FreeBSD on Mac
    • AKiTiO Thunder2 PCIe BoxとNVIDIA GTX 960を繋いでeGPUを認識するのを確認。
      • $ sudo pciconf -lvbce
        vgapci1@pci0:10:0:0: class=0x030000 card=0x237519da chip=0x140110de rev=0xa1 hdr=0x00
        vendor = 'NVIDIA Corporation'
        device = 'GM206 [GeForce GTX 960]'
        class = display
        subclass = VGA

Home > Archives > 2019-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top