macOS catarina とXquartzとubuntu linux 18.04でssh X11 forwarding

サーバーの/etc/ssh/sshd_configのX11Forwarding yesを有効にしてsshサーバーを再起動。

macOSにXquartzをインストール。
macOSを再起動。

Xquartzを起動。
Xquartzのメニューの[アプリケーション]の[ターミナル]を実行。
そのターミナルでssh -X <host>を実行。
(export DISPLAY=:0.0; xhost +;は不要)

ssh -Xしたリモートシェルでxtermを起動。
これでmacOS側にxtermが現れる。

音声認識エンジンJuliusを試す

見始めた動画に字幕が見当たらなかったので音声認識エンジンJuliusで英語のスピーチの文字起こしを試した(字幕ONはあとで見つかりました)。

英語のスピーチ Microsoft Ignite "Building Digital Resilience"

実行ファイルはjulius-dnn (JuliusLib rev.4.4.2.1 (fast) windows版)。実行方法はgithubにあるQuick Runを参考にしてください。

今回、入力する音声はiPhoneでスピーチを再生し、音をイヤホンジャックからJuliusを入力待機させているパソコンにUSBオーディオアダプターで入力しました。

少しの文節を試したところ、このデフォルト設定と条件で英語の認識率は70%・・・くらい?

Blender2Hgimg4

blenderで作っているモデルをhgimg4でgploadするには、

blenderのマテリアルプロパティでマテリアルを作成しておいたfbxファイルか、daeファイルをGPB converter(HGIMG4ツール)でgpbとmaterialファイルに変換する。

※blenderのfbx出力のダイアログで拡大縮小を0.01にすると、blenderの1mがhgimg4のサイズ1と同じになります。