hsp3.6β3でHGIMG4のweb版(dish版)の出力の仕方

\hsp36beta\sample\hgimg4\res\shadersフォルダにあるファイルをすべてweb版(dish版)にするhspソースファイルがあるフォルダのdataフォルダにコピーする。

*.materialがある場合はコピーしてエディタで開いて、

    technique
    {
        pass 
        {
            vertexShader = textured.vert
            fragmentShader = textured.frag
        }
    }

↑のようにvertexShaderやfragmentShaderのファイル指定からres\のフォルダ指定を除くように書く。

テクスチャーは、

	    sampler u_diffuseTexture
	    {
	        path = House_01.png
	        wrapS = REPEAT
	        wrapT = REPEAT
	    }

↑のようにpathの画像ファイル指定からres\のフォルダ指定を除くように書く。

web版(dish版)を出力するためのフォルダ構造

*.hsp
¥data
 ¥*.gpb
 ¥*.material
 ¥*.png
 ¥*.vert
 ¥*.frag

HSPからweb版(dish版)を出力するツールHSP3Dish Helperの設定の内容)

出力された、アップするファイル名

  • hspソースファイル名.html
  • hspソース ファイル 名 .data
  • hsp3dish-gp.wasm
  • hsp3dishw-gp.js

→動作サンプル
Blender2.83LTSからFBXファイルを出力して、GPB converterで変換したモデルを利用しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です