HSP3で日本語プログラミング

GOTO文

mes "スタート"

goto *あそこ

*ここ
	mes "ここ"

*あそこ
	mes "あそこ"

mes "ゴール"

stop

モジュール

#runtime "hsp3cl"

#module hoge dummy
#modinit
return
    #modfunc local foo
        mes "hoge"
    return
#global

#module huga dummy
#modinit
return
    #modfunc local foo
        mes "huga"
    return
#global
newmod hogex, hoge
newmod hugay, huga
foo@hoge hogex
foo@huga hugay
;https://qiita.com/YSRKEN/items/bbd3cad4cc1c1de9dcbb
#module ライト dummy
#modinit
	mes "ライトを作りました。"
	return
#modfunc 点ける
	mes "ライトを点けました。"
	return
#global

newmod ライト1,ライト
点ける ライト1

stop

モジュール HGIMG4 モデル登録

#module 盆踊りキャラ id, px,py,pz
#modinit str path, double x, double y, double z
	px = x : py = y : pz = z
	gpload id, path		; モデル読み込み
	setpos id, px,py,pz		; カメラ位置を設定
	mes "盆踊りキャラを作りました。"
	return
#modfunc local 置きなおす double x, double y, double z
	setpos id, x,y,z		; カメラ位置を設定
	mes "置きなおしました。"
	return
#modfunc local 踊る
	gpaddanim id,"ondo",0,-1		; "run"クリップを設定
	gpact id,"ondo"			; "run"クリップを再生
	mes "踊ります。"
	return
#modfunc local 当たり判定をつける
	gppbind id, 0
	mes "当たり判定をつけました。"
	return
#global
;newmod v, 盆踊りキャラ, "res/model", 0.0, 0.0, 0.0
;踊る@盆踊りキャラ 盆踊りキャラ1
#module オブジェクト id, px,py,pz
#modinit str path, double x, double y, double z
	px = x : py = y : pz = z
	gpload id, path		; モデル読み込み
	setpos id, px,py,pz		; オブジェクト位置を設定
	mes "オブジェクトを作りました。"
	return
#modfunc local 置きなおす double x, double y, double z
	setpos id, x,y,z		; オブジェクト位置を設定
	mes "置きなおしました。"
	return
#modfunc local 大きさを変える double x, double y, double z
	setscale id, x,y,z		; オブジェクト向きを設定
	mes "大きさを変えました。"
	return
#modfunc local 向きを変える double x, double y, double z
	setang id, x,y,z		; オブジェクト向きを設定
	mes "向きを変えました。"
	return
#modfunc local 当たり判定をつける
	gppbind id, 0
	mes "当たり判定をつけました。"
	return
#global
;newmod v, オブジェクト, "res/model", 0.0, 0.0, 0.0
;向きを変える@オブジェクト 太鼓外側(0), 0.0, 0.7, 0.0
;当たり判定をつける@オブジェクト 太鼓外側(0)

※2021年10月18日現在?ライトは#moduleすると光らない?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です