blender2.92でリンクされた&マテリアルのついたオブジェクトのテクスチャをベイクで作る

リンクがある.blendで一枚絵のテクスチャを作るのに必要なこと

・ベイクする
 - ベイクしたいモデルのObject Data PropertyウィンドウでUV Mapsを追加してSmart UV Projectしておく。
 - リンクされたオブジェクトもベイクするにはオブジェクトを選択してMake Local(またはF3キーのMenu SearchでMake Local >ALLを選ぶ)して、.blendをまたがないようにする。
 - ベイクされた結果を書き込む新規画像を、テクスチャを貼りたいオブジェクトのシェーダーノードでテクスチャノードを作っておく(テクスチャノードでNew Imageする)
 - ベイク前にテクスチャを貼りたいオブジェクトを3D Viewで選択しておいて、シェーダーノードでベイクされた結果を書き込みたいテクスチャノードを選んだ状態にしておく。
 - ベイクはCyclesを使ってする。プロパティウィンドウでCyclesにしておいて、そこの下にあるBakeボタンを押す

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です