blender script tips

blender script

bpy.context.scene.frame_current # いまのフレーム数
bpy.context.view_layer.objects.selected # いまの選択オブジェクト

import bpy
for key in bpy.__dict__.items():
  print(key)

コレクションのオブジェクトの名前を列挙
for obj in bpy.data.objects:
  print(obj.name)

オブジェクトのアトリビュートを列挙
dir(bpy.data.objects['Cube'])

オブジェクトのカスタムプロパティへのアクセス
bpy.data.objects['Cube']['prop']

bpy.data.objects['オブジェクト数:'].data.body = str(bpy.context.scene.frame_current)
# 再生フレームが変わったときに関数を実行
import bpy

def Function(scene):
    #Do something
    bpy.data.objects['オブジェクト数:'].data.body = str(scene.frame_current)

def handler(scene):
    #frame = scene.frame_current
    #print (frame)
    Function(scene)

bpy.app.handlers.frame_change_post.clear()
bpy.app.handlers.frame_change_post.append(handler)
#bpy.app.handlers.render_pre.clear()
#bpy.app.handlers.render_pre.append(handler)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です