Jetson NanoでOpenHSPのコンパイル

sudo apt-get update && sudo apt-get install libgtk2.0-dev && sudo apt-get install libglew-dev && sudo apt-get install libsdl1.2-dev && libsdl-image1.2-dev libsdl-mixer1.2-dev libsdl-ttf2.0-dev && sudo apt-get install libgles2-mesa-dev libegl1-mesa-dev git clone https://github.com/onitama/OpenHSP.git cd OpenHSP bash pisetup.sh (途中でエラーになるけど、下の通りに続行。) OpenGLを使っているソースコードをjetsonにインストールされているバージョンに合わせて書き換える。 vi src/hsp3dish/emscripten/hgiox.cpp #if defined(HSPLINUX) || defined(HSPEMSCRIPTEN) #ifdef HSPRASPBIAN /* #include “bcm_host.h” */ /* #include “GLES/gl.h” */ #include “GL/gl.h” #include “GL/glut.h” #include “EGL/egl.h” #include “EGL/eglext.h” #include “SDL/SDL.h” libpngのコンパイルフラグをarm用に合わせる。 vi makefile CFLAGS_GP = -Wno-write-strings –exec-charset=UTF-8 -DHSPDISH -DHSPDISHGP -DHSPLINUX -DHSPDEBUG -DPNG_ARM_NEON_OPT=0 -I src/hsp3dish/extlib/src -I src/hsp3dish/extlib/src/glew -I src/hsp3dish/gameplay/src -std=c++11 ビルド make サンプルの実行 ./hspcmp -d -i -u sample/hsplogo.hsp cd sample ../hsp3dish hsplogo.ax 参考 NDK SDL2_image libpng build error: png_init_filter_functions_neon – SDL Development – Simple Directmedia Layer

「はじめての深層学習(ディープラーニング)プログラミング」本とjetson nano

#$ cat /etc/lsb-release #DISTRIB_ID=Ubuntu #DISTRIB_RELEASE=18.04 #DISTRIB_CODENAME=bionic #DISTRIB_DESCRIPTION=”Ubuntu 18.04.3 LTS” # pip3コマンドはpython3 -m pipと入力しても実行できます。 cd ~/ git clone https://github.com/uei/deel.git pip3 install chainer=”1.24.0″ pip3 install cython pip3 install pkgconfig cd $DEELROOT sudo python3 setup.py install # — get data sets — “””#### tiny.py ### from deel import * from deel.network import * from deel.commands import * deel = Deel() CNN = AlexNet() CNN.Input(“deel.png”) CNN.classify() ShowLabels() “”” cd $DEELROOT $ python3 tiny.py

jetson nanoでxpraでウィンドウとそのサウンドを転送

ノーマルユーザーで実行するとsystemdのパーミッションエラーやXの権限昇格なんとかが出て、動かない。 なんとか動かす。 /etc/X11/xorg.confを別名でバックアップ。 /etc/xpra/xorg.confを/etc/X11にコピー。 /etc/xpra/conf.d/55_server_x11.confのxvfb =を次のように書き換える。 xvfb = Xorg -noreset -novtswitch -nolisten tcp +extension GLX +extension RANDR +extension RENDER -auth $XAUTHORITY -configdir ./ -config xpra.conf /etc/xpra/conf.d/60_server.confのsystemd-run =を次のように書き換える。systemd-run = no あとはjetsonでcd /etc/X11して、xpra start :100して、転送を受けたい側(クライアント側)でxpra attach ssh:<login id>@<host ip>:100して、jetsonでDISPLAY=:100 chromium-browserすると、クライアント側で画面が投影される。 エンコーディングのオススメはPNG (8bpp colour)。 クライアント側の~/.xpra/xpra.confにencoding = png/P   参考 106jpキーボードのレイアウトは、クライアント側の~/.xpra/xpra.confでkeyboard-layout = jpとします。 クライアント側のGPUを使うにはクライアント側の~/.xpra/xpra.confでopengl = yesとします。 Xpra Bug tracker and wiki > Getting Started : Configuration