【Ubuntu】キーボード・マウスリピーターSynergyをGNOMEのユーザースタートアップアプリケーションに登録して自動で接続させる

スタートアップアプリケーションズを起動する。 Synergyクライアントの起動コマンド(synergyc –name <client name> <server host or ip>)を以下のように登録する。 ユーザーの設定で、自動ログイン(AUTO LOGIN)を設定しておく。 サーバー側のSynergyを開始しておき、ログオフか、リブートしてログインしてキーボードやマウスがクライアント側で動くのを確認する。

mbp(retina,13 inchi,2014 mid)のSDカードブート

mbp(retina,13 inchi,2014 mid)のSDカードブートは、rEFIndを入れた別のメディアからブートしてリセットをかけると、mbpのスタートアップマネージャーから選べるようになった 参考:MBPのApple EFIが自動的に認識するブートEFIファイルについて – ichelmの日記

jetson nanoでxpraでウィンドウとそのサウンドを転送

ノーマルユーザーで実行するとsystemdのパーミッションエラーやXの権限昇格なんとかが出て、動かない。 なんとか動かす。 /etc/X11/xorg.confを別名でバックアップ。 /etc/xpra/xorg.confを/etc/X11にコピー。 /etc/xpra/conf.d/55_server_x11.confのxvfb =を次のように書き換える。 xvfb = Xorg -noreset -novtswitch -nolisten tcp +extension GLX +extension RANDR +extension RENDER -auth $XAUTHORITY -configdir ./ -config xpra.conf /etc/xpra/conf.d/60_server.confのsystemd-run =を次のように書き換える。systemd-run = no あとはjetsonでcd /etc/X11して、xpra start :100して、転送を受けたい側(クライアント側)でxpra attach ssh:<login id>@<host ip>:100して、jetsonでDISPLAY=:100 chromium-browserすると、クライアント側で画面が投影される。 エンコーディングのオススメはPNG (8bpp colour)。 クライアント側の~/.xpra/xpra.confにencoding = png/P   参考 106jpキーボードのレイアウトは、クライアント側の~/.xpra/xpra.confでkeyboard-layout = jpとします。 クライアント側のGPUを使うにはクライアント側の~/.xpra/xpra.confでopengl = yesとします。 Xpra Bug tracker and wiki > Getting Started : Configuration

Xorgのキーボードの設定が通らないとき

一時的に: $ setxkbmap -model jp106 -layout jp ※参考:Xのキーボード設定 – Akionux-wiki または、IMがXのキーボードの設定をオーバーライドしてるときがあるので、IMにそういった仕様がないか、または設定ファイルに記述がないかを確認。 ex. Fcitx: ~/.config/fcitx/conf/fcitx-xkb.config [X Keyboard] # Allow to Override System XKB Settings # Available Value: # True False OverrideSystemXKBSettings=False # default : True

FreeBSD Release12をMacBook Pro (Mid 2014, 13 inch)にインストール

インストール ブートローダーはEfi Bootを選ぶ。 インストーラーのOPTIONでSafe ModeをONにする。 キーボード(日本語配列) インストールのときに日本語レイアウトに設定してそのまま使える。 メディアキー・バックライトはまだ使ってない。 タッチパッド マウスドライバーはatpかwsp(atpは古い?)。 →参考:Solved – Looking for touchpad improvement for MacBook | The FreeBSD Forums X-Window ディスプレイドライバーはデフォルトならscfbが映る。 drm-kmodパッケージを入れて/etc/rc.confに「kld_list=”/boot/modules/i915kms.ko”」としてると、intelドライバーが使える。 →参考:Graphics – FreeBSD Wiki Retinaのフル解像度で文字と絵が小さいときは、xrandrでスケーリング。 キーボードは日本語レイアウトで特に問題ない。 マウスはmutouchにするとタッチパッドで右クリックやスクロールが使える。 ビデオのその他 i915kmsを入れるとHDMI外部出力を認識する? HDMI-2 connected (normal left inverted right x axis y axis) 音 出力デバイスの切り替え 内蔵スピーカー:sysctl hw.snd.default_unit=1(音が出ない) イヤホン:sysctl hw.snd.default_unit=2 ネットワーク WiFi:bwn・bhndドライバーでも動いてない。 USB Ethernet:LAN-TX/U2H3Sが動く。 Apple Thunderbolt Ehternet Adaptorも動くそう。 →参考:FreeBSD 11 w/Apple Thunderbolt Ethernet Adapter | The FreeBSD Forums 電源とBattery 情報 $ acpiconf -i 0 →参考:FreeBSD Laptop: Find Out Battery Life Status Command – nixCraft ハイバネート Xじゃないターミナルで、`sudo acpiconf -s4` →参考:suspend to disk, s4, hibernate | The FreeBSD Forums Xのときのシェルスクリプト #!/bin/sh sudo acpiconf -s4 X_PID=`ps -x | grep -v “grep” | grep […]

ria | web server timeout (タイムアウト)

– apache 2.4   - apache2handler default     - TimeOut = 300 # 秒       - https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html#timeout – php latest   - mod_php default     - max_execution_time = 30 # 秒       - http://php.net/manual/ja/info.configuration.php#ini.max-execution-time   - # RELATION     - memory_limit = 128M # PHP 5.2.0 より前は “8M”、PHP 5.2.0 では “16M”       - http://php.net/manual/ja/ini.core.php#ini.memory-limit – Adobe Air   - air 1.5 runtime default     - RemoteObject 60秒 (macOS)       - requestTimeoutをリセットできない(?)         - https://forums.adobe.com/thread/696177?tstart=0     - URLRequest ???     - NetConnection. httpIdleTimeout = ??? # milli second   - air 1.5.3 runtime default     - RemoteObject 30秒オーバー(?)       - requestTimeoutをリセットできる         - https://forums.adobe.com/message/3041722#3041722   - air 2.x runtime default     - RemoteObject 60秒 (macOS)       - requestTimeoutをリセットできない(?)         - https://forums.adobe.com/thread/696177?tstart=0     - URLRequest ??? milli second       - idleTimeoutをリセットできない(?)         - https://help.adobe.com/ja_JP/FlashPlatform/reference/actionscript/3/flash/net/URLRequest.html#idleTimeout         - https://peterkeating.co.uk/long-running-web-service-requests-in-adobe-air/