PHP7.4でGLUT(FFI extention)

PHP 7.4からFFIが使えるようになったとのことでGLUTを試してみました。

※php.iniで「extension=ffi」しておきます。

<?php
	require("gl.php");
	require("freeglut.php");

	$pargc = FFI::new("int");
	$argv = FFI::new("char**");

	$glut->glutInit(FFI::addr($pargc), $argv);
#	$glut->glutInitDisplayMode(GLUT_RGBA);
	$glut->glutCreateWindow("php ffi glut.");
	$glut->glutDisplayFunc( function () {
		require("gl.php");       #下でスコープの外に出したソースを載せています。
		require("freeglut.php");
		$gl->glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT); 

		$gl->glColor3f(1.0, 0.0, 0.0);

		$gl->glBegin(GL_POLYGON);
			$gl->glVertex2f(-0.5, -0.5);
			$gl->glVertex2f(0.5, -0.5);
			$gl->glVertex2f(0.5,  0.5);
			$gl->glVertex2f(-0.5,  0.5);
		$gl->glEnd();

		$gl->glFlush();
		//$glut->glutWireCube(1.0);

		echo "using memory (byte): ";
		var_dump(memory_get_usage());
	});
	$glut->glutMainLoop();

上のソースとライブラリをダウンロード

マニュアルによるとFFIで呼ぶ関数に渡すコールバック関数は終了するまでメモリをつかんだままになったり、ロードしたFFIのオブジェクトが渡らない(※追記↓)みたいだったりでまだ気を付けてください。

参考:PHP マニュアル – Basic FFI usage

コールバック関数の中でFFIした関数の呼び出しはFFI::cdefした変数を、コールバック関数の中でglobal 変数名とすることでFFIのオブジェクトを呼び出せることが分かりました。

<?php
	require("freeglut.php"); #変更
	require("gl.php");       #変更

	$pargc = FFI::new("int");
	$argv = FFI::new("char**");

	$glut->glutInit(FFI::addr($pargc), $argv);
#	$glut->glutInitDisplayMode(GLUT_RGBA);
	$glut->glutCreateWindow("php ffi glut.");
	$glut->glutDisplayFunc( function () { #変更
		global $gl; #追記

		$gl->glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT); 

		$gl->glColor3f(1.0, 0.0, 0.0);

		$gl->glBegin(GL_POLYGON);
			$gl->glVertex2f(-0.5, -0.5);
			$gl->glVertex2f(0.5, -0.5);
			$gl->glVertex2f(0.5,  0.5);
			$gl->glVertex2f(-0.5,  0.5);
		$gl->glEnd();

		$gl->glFlush();
		
	});

	$glut->glutMainLoop();

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *