PHP7とXdebugでエラーがでないときはExceptionエラーかもしれません。

Xdebug Documentation – all settings のxdebug.show_exception_traceパラメータの説明 integer xdebug.show_exception_trace = 0 When this setting is set to 1, Xdebug will show a stack trace whenever an Exception or Error is raised – even if this Exception or Error is actually caught.Error ‘exceptions’ were introduced in PHP 7.

flashdevelopでメニューにアイテムをたす

FlashDevelopのインストール先\Settings\MainMenu.xmlにタグを追記します。※C:\Program FilesやC:\Program Files (x86)はアクセス権限の影響で書き込めないことがあるので、エディタの保存に気を付けてください。 これはSample.csファイルを実行して、ツールバーにアイテムをたします。

PHP7.4でGLUT(FFI extention)

PHP 7.4からFFIが使えるようになったとのことでGLUTを試してみました。 ※php.iniで「extension=ffi」しておきます。 上のソースとライブラリをダウンロード マニュアルによるとFFIで呼ぶ関数に渡すコールバック関数は終了するまでメモリをつかんだままになったり、ロードしたFFIのオブジェクトが渡らない(※追記↓)みたいだったりでまだ気を付けてください。 参考:PHP マニュアル – Basic FFI usage コールバック関数の中でFFIした関数の呼び出しはFFI::cdefした変数を、コールバック関数の中でglobal 変数名とすることでFFIのオブジェクトを呼び出せることが分かりました。

arm64のJetsonでLLVMのビルドが普通に通ったぞ!?

Emscripten – Building Emscripten from Sourcehttps://emscripten.org/docs/building_from_source/index.html#installing-from-source パッケージのLLVMやClangは使わず、LLVMとbinaryenをビルドしてemscriptenを公式リポジトリからクローンすれば動いた。 https://github.com/llvm/llvm-project https://github.com/WebAssembly/binaryen https://github.com/emscripten-core/emscripten