Jetson NanoでOpenHSPのコンパイル

sudo apt-get update && sudo apt-get install libgtk2.0-dev && sudo apt-get install libglew-dev && sudo apt-get install libsdl1.2-dev && libsdl-image1.2-dev libsdl-mixer1.2-dev libsdl-ttf2.0-dev && sudo apt-get install libgles2-mesa-dev libegl1-mesa-dev git clone https://github.com/onitama/OpenHSP.git cd OpenHSP bash pisetup.sh (途中でエラーになるけど、下の通りに続行。) OpenGLを使っているソースコードをjetsonにインストールされているバージョンに合わせて書き換える。 vi src/hsp3dish/emscripten/hgiox.cpp #if defined(HSPLINUX) || defined(HSPEMSCRIPTEN) #ifdef HSPRASPBIAN /* #include “bcm_host.h” */ /* #include “GLES/gl.h” */ #include “GL/gl.h” #include “GL/glut.h” #include “EGL/egl.h” #include “EGL/eglext.h” #include “SDL/SDL.h” libpngのコンパイルフラグをarm用に合わせる。 vi makefile CFLAGS_GP = -Wno-write-strings –exec-charset=UTF-8 -DHSPDISH -DHSPDISHGP -DHSPLINUX -DHSPDEBUG -DPNG_ARM_NEON_OPT=0 -I src/hsp3dish/extlib/src -I src/hsp3dish/extlib/src/glew -I src/hsp3dish/gameplay/src -std=c++11 ビルド make サンプルの実行 ./hspcmp -d -i -u sample/hsplogo.hsp cd sample ../hsp3dish hsplogo.ax 参考 NDK SDL2_image libpng build error: png_init_filter_functions_neon – SDL Development – Simple Directmedia Layer

「はじめての深層学習(ディープラーニング)プログラミング」本とjetson nano

#$ cat /etc/lsb-release #DISTRIB_ID=Ubuntu #DISTRIB_RELEASE=18.04 #DISTRIB_CODENAME=bionic #DISTRIB_DESCRIPTION=”Ubuntu 18.04.3 LTS” # pip3コマンドはpython3 -m pipと入力しても実行できます。 cd ~/ git clone https://github.com/uei/deel.git pip3 install chainer=”1.24.0″ pip3 install cython pip3 install pkgconfig cd $DEELROOT sudo python3 setup.py install # — get data sets — “””#### tiny.py ### from deel import * from deel.network import * from deel.commands import * deel = Deel() CNN = AlexNet() CNN.Input(“deel.png”) CNN.classify() ShowLabels() “”” cd $DEELROOT $ python3 tiny.py

プログラミング言語人気ランキングTIOBE:Index for January 2016でGroovyが82位→17位

GroovyがTIOBEで82位→17位に上昇してて何かと思ったけど、Apacheソフトウェア財団に参加してプロジェクト停止を免れたことから利用率が上がったらしくて何よりだ。 TIOBE:Index for January 2016 http://www.tiobe.com/index.php/content/paperinfo/tpci/index.html Java’s rise goes hand in hand with Objective-C’s decline (-5.88%). Apple’s announcement to replace Objective-C by Swift some time ago was the main cause of this fall. It was expected that Swift would gain as much popularity as Objective-C left behind, but that doesn’t appear to be the case. This is also observed in practice: TIOBE’s customers are not eagerly migrating to Swift yet. Apart from Objective-C, PHP (-1.08%) and Oracle’s PL/SQL (-1.00%) also lost ground in 2015. Other interesting changes are: Groovy (from #82 to #17), Erlang (from #89 to #35), Haskell (from #96 to #39) and Rust (from #126 to #47), whereas […]

3DCGツール連携メモ

■Blender・・・モデリング、シーン作成、レンダリング ■Metasequoia・・・モデリング、フォーマット交換(主にmqo←→obj) ■vidro・・・レンダリング ■xsi mod tool & crosswalk・・・リグ設定、フォーマット交換(主にfbx←→obj) ■fbxconverter・・・フォーマット交換(主にfbx←→3ds) <調査事項> ・Blenderの3dsインポータはリグを読み込めるか? ・Blenderのfbxエクスポータはリグを出力できるか? ・シンセモデルを、リグを残した上でモデル編集する方法は?

Flex勉強会@東京行ってきた。

アジェンダまとめ。 ■FlashPlayer10の新機能 描画系APIでGPUを一部サポート 3Dサポート(たぶん、GPU非サポート) ピクセルシェーダーサポート 音声コーデックサポート UDPソケットサポート ローカルファイルのR/W Flex3 NightlyBuildでSWFを作成できる 10のプレイヤはbeta版が公開されている ※その他、割愛 これでFlashゲームの時代再び!! ■Airでウインドウモードあれこれ フレーム無し システムトレイだけ タスクバーなし デスクトップ領域を取得して位置制御 ■日本式の円チャート 右回り ■裏話 内緒